広東語ピンインIME
トップページ インストール方法 入力方法 ピンイン一覧表 単語検索 新単語を追加 入力トレーニング
English   廣東話   普通话   日本語  

広東語入力ソフト

広東語のピンイン(発音を表したアルファベット)で広東語の漢字が入力できる、広東語専用入力ソフトです。通常、広東語を入力するときは漢字の部品や書き順を使って入力する方法がありますが、実際に話す発音をそのまま変換することができないため、非常に使いにくくなっています。この入力ソフト、広東語ピンインIME(略称:CPIME)では、教院式と呼ばれる、香港の学校教育や公式な場(地名、駅名など)で用いられているピンインに準拠しているため、標準の広東語発音で入力することができます。

広東語ピンインIMEとは?

広東語をピンイン(発音記号をアルファベットで記したもの)で入力できるソフトです。(IME = Input Method Editor)
日本語名 広東語ピンインIME 英語名 Cantonese Pingjam IME ( 略称:CPIME )
広東語名 廣東話拼音輸入法 中国語名 广东话拼音输入法
入力方式 教院式
※香港の教育機関(香港教育署語文教育學院中文系)に採用されているピンイン
利用条件 無料。自由に利用、再配布可能。
ダウンロード ←のアイコンをクリックしてください。(2,000KB)
問合せ こちらの専用フォームからエラーや収録単語等に関する質問、要望等ご連絡ください。

設定方法

ダウンロードしたファイルをインストール語、入力言語設定画面で、「追加」→「中国語(香港)」→「Cantonese Pingjam IME (CPIME)」を選択してください。

他の入力ソフトとの比較

現在、中国語ではPinyin IMEが主に使われていますが、そもそも発音が中国語と広東語では違うため、一度自分の頭の中で中国語の発音に置き換えて中国語のピンインで入力しないと漢字変換できません。また、使用される漢字の頻度や、文法も違うため、広東語でよく使う漢字が、中国語では全然出てこなかったりと、変換効率で大いに差があります。
↓の例では、「係(英語のbe動詞、中国語の是に相当)」を入力する場合の違いを比較しています。
CPIMEの場合
CPIMEでは、広東語の発音のまま「hai」と入力すれば変換できます。

中国語ピンインIMEの場合
中国語では「xi」と入力しなければ変換できません。
※広東語では「係」を「xi」と発音することはありません。